2010年05月18日

不同意堕胎容疑 36歳医師を逮捕 交際女性、点滴で流産(毎日新聞)

 交際していた妊娠中の女性に子宮収縮剤を点滴し流産させたとして、警視庁捜査1課と本所署は18日、東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)血液内科医師で金沢大学付属病院に出向している小林達之助容疑者(36)=金沢市もりの里=を不同意堕胎容疑で逮捕した。同課は小林容疑者が医師の立場を利用して子宮収縮剤を入手したとみて追及する。

 逮捕容疑は09年初めごろ、当時交際していた妊娠2カ月の女性看護師の自宅マンションで、体調不良を訴える女性に対し「良い栄養剤がある」などとだまし、子宮収縮剤を点滴して流産させたとしている。女性が今年に入り本所署に被害を相談し、捜査1課が内偵捜査を進めていた。

 捜査1課は18日、金沢大付属病院や小林容疑者の自宅マンションなどを捜索し、事件の全容解明を進める。

 捜査関係者などによると、小林容疑者は09年9月から金沢大付属病院に出向している。小林容疑者の自宅には18日早朝から数十人の報道陣が詰めかけた。小林容疑者は午前8時40分ごろ、乗用車で自宅を出たが、捜査員が同9時過ぎに停止させて任意同行を求め、石川県警金沢中署で取り調べをしていた。【神澤龍二、山本太一、内橋寿明】

 【ことば】不同意堕胎罪

 刑法215条で定められた女性本人の依頼や承諾を得ずに堕胎させる罪で、懲役6月以上7年以下の法定刑が科される。堕胎罪には他に▽女性が自ら薬を飲むなどして堕胎する「自己堕胎罪」▽女性から依頼を受けた「同意堕胎罪」−−などがある。一方、母体保護法は身体や経済的理由など一定の条件を満たした場合、医師による人工中絶を認めており、不同意以外の堕胎罪は空文化しているとの指摘もある。

【関連ニュース】
不同意堕胎容疑:栄養剤と欺き薬品点滴 交際の医師逮捕へ
医師法違反:偽女医を逮捕 免許ないのに勤務を志願
県立宮古病院・偽医師事件:入居準備に200万円 病院が支出
世界の雑記帳:ベネズエラの偽形成外科医、不法な豊胸手術で逮捕

羽根が先勝=囲碁本因坊戦(時事通信)
<淀川女性遺体>養父ら3人聴取へ 別の女性も変死(毎日新聞)
<谷亮子さん>参院選に民主党から出馬…10日夕、表明へ(毎日新聞)
100%自給可能な太陽光発電 水素で効率変換、同志社大開発(産経新聞)
<脅迫>小学校に包丁1本と警告文送られる 東京都江戸川区(毎日新聞)
posted by シマムラ マサユキ at 18:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

13歳女子に1万円、児童買春容疑で男を逮捕(産経新聞)

 奈良西署は7日、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、大阪府東大阪市西岩田の建設業、藤原伸也容疑者(35)を逮捕した。

 逮捕容疑は今年2月11日、奈良県大和郡山市内のホテルで、当時13歳だった女子中学生に1万円を渡し、わいせつな行為をしたとしている。

 県警によると、2人は携帯電話の出会い系サイトで知り合った。藤原容疑者は「18歳ぐらいだと思っていた」と容疑を一部否認しているという。

【関連記事】
援デリで高校生1000万円荒稼ぎ 素人でも起業出来る手口とは
「援デリ」運営の高校生逮捕 少女ら使って1千万円売り上げ
急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”
ルーマニア マンホールで過ごす青春
「援デリ」少女、半月で35万円超稼ぐ 経営者ら逮捕
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

TBS社員装い20万円詐取=容疑の41歳男逮捕−警視庁(時事通信)
雑記帳 銘酒「男山」Tシャツ発売 ユニクロの企業コラボ(毎日新聞)
多感な少女が短歌に託した思いとは… 「ポニーテイル〜15才のみそひともじ」(産経新聞)
子供への性犯罪「前歴者住所」提供で防止は7件(読売新聞)
「いったい何をしに来た」説明不足に沖縄怒り(読売新聞)
posted by シマムラ マサユキ at 13:22| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

“カツマー”の生き方「結婚、子育てで女性は成長出来る」(産経新聞)

【女の生き方】

 女性の人生の大きなターニングポイントは、やはり結婚、出産。「そんなに大事なことでしょうか?」という独身女性も少なくないだろうが、今回は既婚女性の声を中心に。

 ちなみに、「カツマー」の信奉を受ける勝間和代氏は「結婚、育児で女性は成長できる」という考え。「カヤマー」に支持される香山リカ氏は「それって個人の自由でしょ」と、一歩引いた見方をしている。

 《家庭を持つことは、独身のみなさんが予想していることよりもすてきなことだと思う。ぜひ、妻と母を経験しておかれることをお勧めしたいです》。兵庫県姫路市の女性(51)から、そんなメールが届いた。

 この女性は、会社務めをしながら結婚、出産、育児をする道を選んだ。さぞ多忙な毎日だっただろうと想像するが、《人間関係や価値観が広がった》《子供が成人した今、それらを経験してつくづく良かったと思う》と、極めてポジティブに受け止めている。

 働く女性に対し、家族や周囲の理解を得るのが難しいケースもあるが、《義理の親や親戚(しんせき)との交流で人間関係が広がり、違った価値観から学ぶことが多かった》。出産、育児では《子供目線で世の中をみるようになった。新しい世代の感覚が新鮮で刺激的だった》。女性は、まさに勝間氏の言葉通り「成長できた」と感じているようだ。

 これまでいただいたメールやファクスでは、意外にも(?)結婚や子育てなどを経験した40〜50代の方に「勝間派」が多かった。妻や母親としてしか体験できないさまざまな出来事に、魅力が大きいということかもしれない。

 とはいえ、やはり主婦業には苦労がつきもの。3人の子供がいるという女性(55)は《家事は終わりのない仕事で、家族はときにはモンスター》と、素直な心情を吐露する。独身であれば、知らずにすむつらさもありそうだ。

 「お金も時間もある独身セレブが一番」「結婚はしたけど子供を産まない人生を選択した」など、違う生き方を選んだ方のご意見もお待ちしています。(奈)

Eメール Kaze@sankei.co.jp FAX 06−6633−1940 郵送 〒556−8661(住所不要)産経新聞社会部「風」 お便りには、ご自身の電話番号、年齢を明記してください

【関連記事】
そこそこ主義、ストレスなく“カヤマー”
私生活も“カツマー” 努力主義…幸せ?
【人生戦略の立て方】勝間和代 お金儲けは「感謝集め」
新委員に勝間和代氏ら 国交省の審議会
カツマーの教祖Vs菅副総理 デフレ対策で通貨大量発行?

首相動静(4月17日)(時事通信)
西濃運輸のトラック24台、車検切れで運行(読売新聞)
山崎さん、宇宙基地退去=同時滞在の野口さんに別れ−シャトル19日帰還(時事通信)
握り心地ふんわりでも、トガり続けるシャープペン
春の園遊会 浅田さんら五輪メダリスト出席(毎日新聞)
posted by シマムラ マサユキ at 01:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。