2010年05月27日

<口蹄疫>22日からワクチン接種…補償案受け入れ(毎日新聞)

 宮崎県で家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)が多発している問題で、赤松広隆農相は21日の閣議後会見で、ワクチン接種後に殺処分する家畜の農家に支払う「殺処分奨励金」について、家畜を個別に評価し評価額全額を補償する方針を表明した。飼育再開までの生活支援費、処分までの飼育コストなども支払う。宮崎入りしている山田正彦副農相は同日、同県の東国原英夫知事や地元町長らにこれらの対策を提示。知事らもこれを受け入れ、22日からのワクチン接種が決まった。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:宮崎発着の航空券変更など手数料取らず 全日空
口蹄疫:「殺処分奨励金」評価全額支払い方針 農相が表明
口蹄疫:宮崎県西都市でも新たに感染の疑い 2市4町に
口蹄疫:新たに疑い例処分は約13万頭に
口蹄疫:「補償内容が不透明」地元自治体が難色

全日病総研が初のリポート公表へ(医療介護CBニュース)
メール無断掲載でメーカー次長逮捕=元交際相手の名誉棄損容疑―兵庫県警(時事通信)
首相動静(5月25日)(時事通信)
受動喫煙で血圧上昇=住民調査で明らかに―東北大(時事通信)
<藤の花>滝のように…(毎日新聞)
posted by シマムラ マサユキ at 12:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。