2010年03月24日

首相、武器使用基準の緩和に否定的 PKO(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は17日午前、岡田克也外相が国連平和維持活動(PKO)に自衛隊が参加する際の武器使用基準の緩和に前向きな姿勢を示したことに関し、「政府として必要ならば検討することもあり得るが、今の段階で、個人として見解を変える発想は持っていない」と述べ、否定的な考えを表明した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
ハイチPKOの日韓中比較でみる「援助と戦略」
東ティモールPKO、1年延長
ネパールPKOへの自衛官派遣を4カ月間延長へ
アフガン支援 治安確保にどう協力する
ハイチ大地震の復興支援で日本に謝意 国連事務総長 
20年後、日本はありますか?

死刑ゼロ 首相の意向無視を認めた法相(産経新聞)
静岡県で大雨や強風の被害相次ぐ(産経新聞)
日本の医師免許がない外国人医師への規制「課題の一つ」―長妻大臣(医療介護CBニュース)
外交専門誌、夏にも創刊=外務省(時事通信)
大阪城ホールで阪大の卒業式 (産経新聞)
posted by シマムラ マサユキ at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。