2010年02月18日

なにわで「在阪華僑春節祭」 (産経新聞)

 在日華僑らが旧正月(春節)を祝う恒例の「在阪華僑春節祭」(中華民国留日大阪中華総会主催)が14日、大阪市浪速区の大阪中華学校で開かれ、地域住民らを含めて約5千人が、伝統舞踊や屋台の味を楽しんだ。

 華僑同士のつながりや地元住民との交流を深めようと毎年開催しており、10回目。会場にはシューマイや肉まんなどの屋台が並び、同校の生徒らによる獅子舞や、中国・四川省に伝わる伝統の「川劇(せんげき)」が披露されて祝賀ムードを盛り上げた。

 同区の主婦、竹内由美さん(34)は「にぎやかな雰囲気が楽しい。一緒に仲良くなれるいい機会だと思う」。同会の洪勝信会長(64)は「これからも台湾の文化・芸能を知ってもらいながら、地域のみんなで交流する場にしていきたい」と話していた。

【関連記事】
龍のみこし担ぎ行進 神戸・南京町で春節祭の前夜祭
迫力満点「竜の舞」 神戸・南京町で中秋節始まる
トラ・トラ・トラ、ネコ! 五輪にだって参加したいにゃん
米国で“リッチな年越し” 中国人の春節の過ごし方に変化
中国や香港、旧正月を前ににぎわう

参院選民主の2県連2人目擁立 宮城、福島割れる対応(河北新報)
<名古屋市営地下鉄>線路に女性、はねられて死亡…伏見駅(毎日新聞)
<消費税>「景気が後退」「必要なら」…閣内に温度差(毎日新聞)
コマツ、坂根会長が代表権を返上(レスポンス)
北方領土解決に岡田外相が意欲(産経新聞)
posted by シマムラ マサユキ at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。