2010年05月29日

ついつい「触る・つぶす」7割 ニキビ、ほぼ全員が気になる(産経新聞)

 ニキビができたとき、いけないと思いながらも、7割の人が触ったりつぶしたりしてしまう−製薬会社のガルデルマ(東京都新宿区)と塩野義製薬(大阪市)がニキビに関する意識調査を行ったところ、こんな結果が明らかになった。

  [フォト]人気の美容皮膚医療 リスク含め医師と相談を

 調査は4月初め、関東と関西に住むニキビに悩む20代男女800人を対象にインターネットで行った。

 ニキビができているとき、ニキビのことを「とても意識」する人は46%で、「やや意識」の49%と合わせるとほぼ全員がニキビを気にしていた。意識する理由は(複数回答、以下同)、「ニキビ痕が残る」「なかなか治らない」「人から見られると恥ずかしい」の順で多かった。

 どんなときにニキビができるかでは、約半数が「疲れがたまったとき」「食生活が乱れているとき」「睡眠不足のとき」をあげた。男女別にみると、男性は「時期に関係なくできる」、女性は「生理中およびその前後」をあげた人が最も多かった。

 ニキビにいけないと思いながらもついやってしまうことは、「触る」と「つぶす」がともに7割以上あり、次いで「夜更かし」「脂っこいものを食べてしまう」の順だった。

 これまでにしたことのあるニキビケアは、「市販の薬を使う」(65%)、「ニキビ用化粧品を使う」(39%)、「サプリメントをとる」(34%)、「皮膚科で塗り薬による治療を受ける」(29%)の順。これらケアをした人に効果を聞いたところ、「完治した」と答えた割合が最も多いのが皮膚科の塗り薬で24%、市販の薬は15%、ニキビ用化粧品とサプリメントは各12%だった。

 もしニキビがなくなったらしたいことは、「たくさん外出する」「新しい恋をする」「新しい化粧品を買う」。また、ニキビがなくなったときに周りの人から言われたい言葉を自由回答で記入してもらったところ、359人が「肌がきれいになったね」をあげ、このうち117人(32%)は男性だった。かつては「男がニキビで悩むなんてみっともない」といわれたものだが、今は女性と同じように男性も美肌でほめられたいと思っているようだ。

【関連記事】
女性の7割超「背中にニキビ」に悩む
女性“おじさん化”4割超が自覚 仕事のストレスで肌荒れ悪化
柳原可奈子13キロ激ヤセ、美肌ナースCM
ニキビ減った、吠えた…雄星復活に家族、同級生が太鼓判
こんなコが職場にいたらなぁ…多部未華子、新CMでOLに

ローラー靴で転倒事故増加、巻き添えで骨折も(読売新聞)
農家補償案、きょう午後提示=同意得られればワクチン接種―農水相(時事通信)
6〜8月は「北冷西暑」…気象庁3か月予報(読売新聞)
放送法修正案 与党、衆院委で採決強行し可決(毎日新聞)
<裁判員裁判>強姦致傷→強姦で起訴 被害女性の意向で回避(毎日新聞)
posted by シマムラ マサユキ at 09:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

<口蹄疫>22日からワクチン接種…補償案受け入れ(毎日新聞)

 宮崎県で家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)が多発している問題で、赤松広隆農相は21日の閣議後会見で、ワクチン接種後に殺処分する家畜の農家に支払う「殺処分奨励金」について、家畜を個別に評価し評価額全額を補償する方針を表明した。飼育再開までの生活支援費、処分までの飼育コストなども支払う。宮崎入りしている山田正彦副農相は同日、同県の東国原英夫知事や地元町長らにこれらの対策を提示。知事らもこれを受け入れ、22日からのワクチン接種が決まった。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:宮崎発着の航空券変更など手数料取らず 全日空
口蹄疫:「殺処分奨励金」評価全額支払い方針 農相が表明
口蹄疫:宮崎県西都市でも新たに感染の疑い 2市4町に
口蹄疫:新たに疑い例処分は約13万頭に
口蹄疫:「補償内容が不透明」地元自治体が難色

全日病総研が初のリポート公表へ(医療介護CBニュース)
メール無断掲載でメーカー次長逮捕=元交際相手の名誉棄損容疑―兵庫県警(時事通信)
首相動静(5月25日)(時事通信)
受動喫煙で血圧上昇=住民調査で明らかに―東北大(時事通信)
<藤の花>滝のように…(毎日新聞)
posted by シマムラ マサユキ at 12:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

不同意堕胎容疑 36歳医師を逮捕 交際女性、点滴で流産(毎日新聞)

 交際していた妊娠中の女性に子宮収縮剤を点滴し流産させたとして、警視庁捜査1課と本所署は18日、東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)血液内科医師で金沢大学付属病院に出向している小林達之助容疑者(36)=金沢市もりの里=を不同意堕胎容疑で逮捕した。同課は小林容疑者が医師の立場を利用して子宮収縮剤を入手したとみて追及する。

 逮捕容疑は09年初めごろ、当時交際していた妊娠2カ月の女性看護師の自宅マンションで、体調不良を訴える女性に対し「良い栄養剤がある」などとだまし、子宮収縮剤を点滴して流産させたとしている。女性が今年に入り本所署に被害を相談し、捜査1課が内偵捜査を進めていた。

 捜査1課は18日、金沢大付属病院や小林容疑者の自宅マンションなどを捜索し、事件の全容解明を進める。

 捜査関係者などによると、小林容疑者は09年9月から金沢大付属病院に出向している。小林容疑者の自宅には18日早朝から数十人の報道陣が詰めかけた。小林容疑者は午前8時40分ごろ、乗用車で自宅を出たが、捜査員が同9時過ぎに停止させて任意同行を求め、石川県警金沢中署で取り調べをしていた。【神澤龍二、山本太一、内橋寿明】

 【ことば】不同意堕胎罪

 刑法215条で定められた女性本人の依頼や承諾を得ずに堕胎させる罪で、懲役6月以上7年以下の法定刑が科される。堕胎罪には他に▽女性が自ら薬を飲むなどして堕胎する「自己堕胎罪」▽女性から依頼を受けた「同意堕胎罪」−−などがある。一方、母体保護法は身体や経済的理由など一定の条件を満たした場合、医師による人工中絶を認めており、不同意以外の堕胎罪は空文化しているとの指摘もある。

【関連ニュース】
不同意堕胎容疑:栄養剤と欺き薬品点滴 交際の医師逮捕へ
医師法違反:偽女医を逮捕 免許ないのに勤務を志願
県立宮古病院・偽医師事件:入居準備に200万円 病院が支出
世界の雑記帳:ベネズエラの偽形成外科医、不法な豊胸手術で逮捕

羽根が先勝=囲碁本因坊戦(時事通信)
<淀川女性遺体>養父ら3人聴取へ 別の女性も変死(毎日新聞)
<谷亮子さん>参院選に民主党から出馬…10日夕、表明へ(毎日新聞)
100%自給可能な太陽光発電 水素で効率変換、同志社大開発(産経新聞)
<脅迫>小学校に包丁1本と警告文送られる 東京都江戸川区(毎日新聞)
posted by シマムラ マサユキ at 18:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。