2010年03月19日

民主党の介護議連が31日に発足(医療介護CBニュース)

 高齢者が安心して生活できるよりよい介護政策の形成に向け、「民主党介護を考える議員連盟」が3月31日に発足する。同議連には、現在までに衆参両院の国会議員100人以上が入会しているという。

 同議連では、31日の午後5時から総会と第1回の勉強会を開く予定。総会では、会長に石毛子衆院議員、事務局長に藤田一枝衆院議員が就任するなどの人事が承認される見通し。また勉強会では、介護保険制度の歴史的経緯や現状、問題点などについて厚生労働省からヒアリングをする予定だという。


【関連記事】
介護従事者や市民団体などが交流する「介護の文化祭」を開催
次回介護報酬改定で保険料上昇を示唆―山井政務官
医療・介護は「新たな成長産業」―民主マニフェスト確定版
介護保険制度への意見を募集―厚労省が初の試み
再診料引き下げ阻止などを小沢幹事長に提言―民主議連

【十字路】長崎のカバ「竜馬」が鹿児島市へ(産経新聞)
<大阪城公園>舗装路が陥没…深さ0.9メートル(毎日新聞)
鳩山首相「物質の本質はゆらぎ」 ゆらぐ政治姿勢を正当化?(産経新聞)
<裁判員裁判>新潟地裁で開始 全国で最も遅く(毎日新聞)
子ども手当法案衆院委可決「買収だ」…自民総裁(読売新聞)
posted by シマムラ マサユキ at 12:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

自民、条件付きで政治資金与野党協議会に応じる意向(産経新聞)

 自民、公明両党の幹事長、国対委員長が9日午前、都内のホテルで会談し、自民党の大島理森幹事は、民主党や公明党が求めていた政治資金のあり方をめぐる与野党協議会について、条件付きで4月1日から応じる考えを示した。

 大島氏は、国会議員による秘書の監督責任の強化など、公明党が従来求めていた主張については協議に応じる意向を表明。しかし、民主党が求める企業・団体献金の禁止については「『政治とカネ』をめぐり、鳩山由紀夫首相や小沢一郎民主党幹事長が説明責任を果たすことが先決だ」として、当面協議の対象から外すよう求めた。

 自民党は10日にも開かれる与野党国対委員長会談で、こうした条件が受け入れるかどうかを見極める考え。

【関連記事】
北教組“ヤミ協定”交渉で道教委突き上げ… 逮捕の組合幹部も参加
菅氏、政治資金説明責任で「小沢氏は不十分」
小沢氏「潔白宣言」に疑問
再び北教組の深い闇 「校長交渉」などあり得ない!
首相!「事務方のミスは大臣のミス」ですよ
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

鳩山・小沢会談 疑惑隠しに献金カード(産経新聞)
<4歳衰弱死>保護責任者遺棄容疑で両親逮捕 埼玉(毎日新聞)
過大報酬、弁護士を懲戒処分=業務停止4カ月−愛知県弁護士会(時事通信)
<訃報>吉田玉英さん59歳=文楽人形遣い(毎日新聞)
「不思議な話ではない」=日銀の国債引き受け−亀井金融相(時事通信)
posted by シマムラ マサユキ at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。